離婚を告げられることは、既に知っていましたので。

「フランソワ! お前とは離婚させてもらう!」
パーティー会場でそう叫んだのは、夫のウォリック。
彼は私が複数の男性と不倫をしていると主張して、離婚して断罪をすると言い放った。
しかし突然の冤罪にも全く動じない私。
なぜなら、離婚を告げられることは既に知っていたのだから。
24h.ポイント 319pt
4,705
小説 3,754 位 / 186,994件 恋愛 1,688 位 / 56,696件