死せる者と生きとし生ける者すべてへ

私はわずか22歳の若さでこの世を去ることになった。
滑り止めで受けて嫌々ながら入学した三流大学に馴染めないまま、なんとか卒業にこぎつけたものの、就職にことごとく失敗し、多額の奨学金を背負ったまま社会に出ることに漠然とした不安を感じた私は、あっさり自らの命を絶ったのだ……

エブリスタより転載。
24hポイント 0pt
小説 63,753 位 / 63,753件 ファンタジー 19,968 位 / 19,968件