流転のニルヴァーナ~それはとどのつまり、私が祖国を滅ぼした暴君を愛しているということ。~

サクヤが【新緑の国】の国王に即位した翌日、国が滅亡した。
そんな祖国滅亡から始まる暴君とこじらせ巫女の子育て転生ファンタジー。

サクヤは生まれた時から植物を甦らせる不思議な力を持っていた。
その力のおかげで『新緑の巫女』と呼ばれながらも兄王から疎まれ、辺境に追放されてしまっていたのだ。
辺境の地でも楽しく暮らしていたサクヤだが、穏やかな日々は長く続かなかった……。
新緑の国が赤の国に侵略を受け、滅亡寸前になったところで兄王が逃亡したのだ。
その為、サクヤが急遽呼び戻されて即位したのである。
しかし王座に就いたのも束の間だった。大国【赤の国】によって即位二日目にして祖国滅亡したのである。
最期くらい王らしいことをしようとサクヤは赤の王と刺し違えて死のうとした。
だが赤の王に出会った瞬間、前世の記憶が甦った。
そう、サクヤにとって赤の王は、前世の幼馴染で片思いの相手だったのだ――――。

その後、サクヤは人質として赤の国に行き、不思議な力を使って農地開拓したり、不思議な赤ちゃんを拾ったりし、人質ながら赤の王に近付いて前世を思い出してもらおうと奮闘します。
24hポイント 21pt
小説 19,301 位 / 124,787件 BL 3,858 位 / 13,521件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

月が導く異世界道中

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:71944pt お気に入り:40935

これから、彼と

BL / 連載中 24h.ポイント:28pt お気に入り:8