インディアンカナリーラス

最近、美里には、悩みがあった。稔さんとの関係がぎくしゃくしているのだ。以前は、もっと分かり合えた筈なのに・・・。  
 時は、流れたーー。
 その日、美里は、空港にいた。稔さんと向き合った瞬間、全てを悟る。私が求めていたものは、過去でしかないのだ、と。

 画家の美里、大学院生の稔さん、美大生の莉奈ちゃん、パートの瑞恵さんとマスター。喫茶店「コンキリエ」に集まる人たちの一夏の物語。
24hポイント 0pt
小説 79,459 位 / 79,459件 現代文学 3,656 位 / 3,656件