流しの踊り子は顔の良すぎる学者を拾う

流しの踊り子セロジーは、元は伯爵家の一人娘だった。今日もセロジーは場末の酒場で踊っていたが、ふいにいつもとは毛色が違うタイプの男に声をかけられる。男はヴァーノンと名乗る、やたら顔の良い若い学者だった。聞けば彼は侯爵家令嬢の家庭教師をしていたが、お嬢様に惚れられてしまい、クビになったという。行く先々で女性トラブルに巻き込まれているという彼の話を聞き、セロジーはヴァーノンに興味を持ち、一緒に旅をすることになった。セロジーはヴァーノンを拾ったつもりでいたが、彼のマイペースさと純朴な優しさにどんどん惹かれていく。
24hポイント 78pt
小説 7,417 位 / 84,364件 恋愛 3,293 位 / 22,470件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

恋に落ちる主人と執事 -美しすぎる伯爵 少年編- 

BL / 連載中 24h.ポイント:113pt お気に入り:112

転生したら血塗れ皇帝の妹のモブでした。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:42006pt お気に入り:3804

【R18】根暗な私と、愛が重すぎる彼

恋愛 / 完結 24h.ポイント:426pt お気に入り:847

【R18】生真面目騎士様の不真面目な愛読書

恋愛 / 完結 24h.ポイント:908pt お気に入り:2078