「又右衛門、斬ってはならぬ ―宇都宮釣天井異聞―」の詳細

江戸城の権力者である土井大炊頭利勝は、七人の根来忍びに命じて、宇都宮城の城主である政敵・本多正純の失脚を企んでいた。それに対して、のちに鍵屋の辻での敵討ちで名を馳せる若き剣士・荒木又右衛門は、正純の実子・正勝らとともにその陰謀に敢然と立ち向かう。はたして、伊賀の忍びにしてのちの大剣士と奇怪な忍術射撃の激闘の行方はいかに? 「アルファポリス第三回歴史・時代小説大賞応募作(転生・タイムスリップ等はありません)」
24hポイント 4pt
小説 2,821 位 / 19,048件 歴史・時代 52 位 / 452件