さざなみ桜

人生の黄昏にある男の回想記。
「死の宣告」を受けた日から、混沌とする意識の中を彷徨う日々を過ごす。
人生に価値を求め、若かりし頃の思い出を辿り始める。
自制の効かない、ちんぷんかんぷんの生き様を曝す。
24hポイント 0pt
小説 40,981 位 / 40,981件 ライト文芸 1,325 位 / 1,325件