吸血鬼は家事ができない〜王様とハーフヴァンパイアのぼくとの夏恋〜

えっ?ぼくがハーフヴァンパイア?それも王族の血が流れているって?

なぜか異種族人ばかりにモテる結城敬一郎は、卵のタイムセールに行った先で不良に絡まれる。
助けてくれたのは、怪異の中の頂点に立つ吸血鬼の若き王様だった。
異種族達が住む特区に吸血鬼達といっしょに住むことになった敬一郎は、まったく家事ができない吸血鬼たちのために、家事の一手を担うことに。

ある時には誘拐され、またある時には王位継承権の争いに巻き込まれ、またあるときは王様に溺愛されて敬一郎の夏休みはバタバタです。

R18の場合は※マークがついています。
同じ作品を小説家になろうにも掲載中(40話まで)
24hポイント 14pt
小説 26,858 位 / 128,277件 BL 5,539 位 / 14,130件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!