人と魔族と ~勇者と魔王の戦いが終わった後の平和な世界で~

人間と魔族、二つの陣営は長い歴史、争い続けていた
ある時、その戦いは終結することになった。その結果は、驚くべきことに和平であった。長きに渡る戦いは、終わりを迎えたのだ。
それから数か月後、悪魔の少女ミシェーラは、異文化交流一環で、人間の町ロッセアを訪れていた。
しかし、人間達は魔族のミシェーラを受け入れてくれず、何もない日々が続いていた。
そんな中、ミシェーラは仲間達と買い出しに歩いている時に、人間の酔っぱらいに絡まれてしまう。
激昂した酔っぱらい達は、ミシェーラ達に危害を加えようとしてくる。
恐怖から動けないミシェーラだったが、そこに一人の人間が現れた。その人間の名前は、ルーゼ。ミシェーラは彼に助けられるのだった。
数日後、彼にお礼を言うために、ミシェーラ達は森の泉を訪れていた。それにより、ルーゼが魔族に差別的意識を持っていなことがわかる。
それをきっかけに、二人は人間と魔族がわかり合うための手助けをすることになった。
二人の計画は、町の人と魔族との関係性を変えていくことになる。

※この作品は「小説家になろう」「カクヨム」「エブリスタ」「アルファポリス」にも掲載しています。 
※他サイトと話数表示が違います。それに伴い、内容も少しだけ差異があります。
※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。
※R15は、念のためです。
24hポイント 14pt
小説 19,197 位 / 96,118件 ファンタジー 3,691 位 / 26,093件