婚約破棄された聖女は、魔女の生活に戻ることにしました。

エメラ・フォンバーンは、ストラナ王国の聖女である。
ラミラナは、ストラナ王国の第三王子コルディン・ストラナと婚約関係にあった。
しかし、ある日、コルディンはエメラとの婚約を破棄し、兵士達によってエメラを亡き者にしようとしてきた。

だが、その時エメラの手から魔法が放たれた。
その魔法が放たれた後、エメラの姿はそこにはなかった。

逃げ出した後、エメラは森の隠れ家に来ていた。そこは、エメラが聖女になる前に活動していた場所である。
エメラの正体は、ストラナ王国ではおとぎ話とされている存在である魔女であった。

彼女は使い魔を呼び出し、彼とともに魔女の生活に戻ることに決めるのだった。
24hポイント 7pt
小説 23,775 位 / 92,461件 ファンタジー 5,068 位 / 25,672件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!