地味という理由で、聖女をクビになりました。派手さで選んで後悔しても、私は知りませんからね?

子爵令嬢であるラナーシャ・エルドフィンは、聖女として働くことになった。
しかし、それを周囲の人々は良く思っていなかった。彼女は、聖女としては地味すぎると思われていたのだ。
その考えは国王様も同じであり、彼女はとうとう聖女をクビになってしまうのだった。

聖女をクビになり、途方もなく王都を彷徨っていたラナーシャだったが、そんな彼女はネラウィという人物と出会う。
彼は、王国を裏で守っているとある部隊のリーダーだった。なんでも、ラナーシャの魔法の腕を見込んで勧誘にきたそうなのだ。

初めは乗り気でなかったラナーシャだったが、ネラウィの腐った上層部では守れない人々を守るという言葉をきっかけにその考えを改める。彼女も、王国の上層部が腐っていることはわかっていた。そんな彼らに守られていない人々を守るためなら、彼の部隊に入ってもいいと思ったのである。
こうして、ラナーシャはネラウィの元で働き始めるのだった。
24hポイント 362pt
小説 3,583 位 / 121,817件 恋愛 1,609 位 / 34,235件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

婚約破棄を受け入れたのは、この日の為に準備していたからです

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:117960pt お気に入り:5416

離婚したので冒険者に復帰しようと思います。

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:42818pt お気に入り:5273

家族に売られた令嬢は、奉公先で溶けるほど甘やかされてます。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:67295pt お気に入り:12276

断罪中に記憶が。。。今ですか?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:3785pt お気に入り:109

【完結】婚約を解消して進路変更を希望いたします

ファンタジー / 完結 24h.ポイント:3251pt お気に入り:3713