いつも冷たい旦那様から、花を頂きました。

私の夫は、いつも冷たい。私に対して、少し壁があるのだ。
政略結婚であるため、それは仕方ないのかもしれない。でも、ここまで冷たくされると悲しくなってくる。

でも、ある日、そんな夫から花を贈られた。紫色の綺麗な花だ。
その花に、私は何か意図があると思った。彼が珍しいことをしたのだから、期待とともにそう思ってしまったのだ。

私は、その花を調べることにした。
花の名前は、アネモネ。その花言葉は、あなたを信じて待つ。

そこに私は、意味があると思った。
夫は私を信じて、何かを待っているのだ。
24hポイント 269pt
小説 4,498 位 / 111,593件 恋愛 2,136 位 / 31,384件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

異世界で世界樹の精霊と呼ばれてます

ファンタジー / 完結 24h.ポイント:63pt お気に入り:3228

愛する貴方の心から消えた私は…

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:158231pt お気に入り:7294

転異世界のアウトサイダー 神達が仲間なので、最強です

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:27556pt お気に入り:8832

緑の輪っかの魔法

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:547pt お気に入り:25