殿下、あなたがいつも連れている女性は、一体何者なんですか?

エメリナは、婚約者である第三王子のロヴァリスがいつも連れている女性のことが気になっていた。
彼は、エメリナと会う時も晩餐会などといった催しの時も一人の女性を連れている。使用人のような恰好をしている彼女が何者なのか、エメリナはずっと知りたかったのだ。
もしかして、王子は彼女と浮気しているのではないか。そんな疑念が、エメリナの中にはあったのだ。

そこで彼女は、ロヴァリスに彼女のことを聞いてみた。
しかし、彼から返ってきたのは、「なんのことか?」という反応だった。そのとぼけた態度に、エメリナの疑念は強くなっていく。
だが、いくら聞いても、ロヴァリスはとぼけるばかり。そんな彼の態度に、エメリナはある考えに思い至るのだった。
24hポイント 106pt
小説 8,842 位 / 128,654件 恋愛 4,164 位 / 38,429件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

【完結】悪役令嬢の妹ですが幸せは来るのでしょうか?

恋愛 / 完結 24h.ポイント:4572pt お気に入り:4701

前代未聞の婚約破棄~なぜあなたが言うの?~【長編】

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:8193pt お気に入り:2924

愛されない花嫁は初夜を一人で過ごす

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:248225pt お気に入り:7520

もしかすると私は、最愛の婚約者に騙されているのかもしれない

恋愛 / 完結 24h.ポイント:631pt お気に入り:1364

【完結】義弟と結婚する事になりました。

恋愛 / 完結 24h.ポイント:901pt お気に入り:184

婚約者の姉を婚約者にしろと言われたので独立します!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:53038pt お気に入り:5320