王族だった私は、第三王子に教育されることになりました。

ミティアは、トライバ王国の平民であった。
しかし、ある日、ミティアは自身が国王の弟の娘であることを知らされる。
王族である以上、平民として暮らすことはできず、ミティアは王城で暮らすことになるのだった。

ミティアは、王城で国王に謁見した後、第三王子のディバルと出会った。
ディバルは会ってすぐ、ミティアのことを罵倒してくる。突然の罵倒に傷ついたミティアは、思わず涙を流してしまっていた。
すると、ディバルはすぐに謝罪してきた。どうやら、ディバルは少し物言いがきついらしいのだ。

そんなディバルは、謝罪とともにあることを持ち掛けてきた。それは、ミティアに王族としての指導を行うというものである。
ミティアは、そのことを受け入れることにした。王族として何も知らない自分は、そうしてもらう方がいいと思ったのだ。

こうして、ディバルによる指導が始まった。
その中で、ミティアはディバルが素直ではないだけで、本当は優しい人間だと知っていくのだった。
24hポイント 7pt
小説 29,749 位 / 128,683件 恋愛 12,993 位 / 38,447件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

愛されない花嫁は初夜を一人で過ごす

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:252732pt お気に入り:7631

[完結]幽霊になった元婚約者が弟王子を推してくる。

恋愛 / 完結 24h.ポイント:14pt お気に入り:109

姉のように慕っていた人に幼馴染を取られてしまいました

恋愛 / 完結 24h.ポイント:35pt お気に入り:54

悪女が真面目でもいいじゃない。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:2024pt お気に入り:156

前世の記憶が蘇ったので、身を引いてのんびり過ごすことにします

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:100444pt お気に入り:2688