危険な存在だと呼ばれる魔女らを救った俺が世界の歴史を変えるまで

世界には魔女と呼ばれる存在がいた。

彼女らは同じ人間なのに、魔術を使えるというだけで生まれて間もない頃に危険な存在として処刑されるか、世界から捨てられていた。
そんな魔女らは自分たちの命を軽く思う世界を憎み、人間と魔女との争いは絶えることなく続いていた。

そして魔女と人間の間に生まれたグレンは、騎士になりたてのころに魔女が暮らす村──魔女村で、幼い六人の魔女を助けた。

「グレン、あいがとっ!」

言葉すら教えられず捨てられた彼女らは、グレンに助けられたことを感謝し、名前のみを覚えて走り去った。

──そして十年後。

人間と魔女が憎しみ合わない世界を夢見るグレンは、その思想を邪魔に思った世界によって、人間の領土と魔女の領土に挟まれお互いが住むことを放棄した村へ左遷された。

「この村から、人間と魔女の共存の道を叶える。母さんと父さんが夢見てた未来の為にも」

グレンは両者からいつ襲われるかわからない危険な村を住める村にし、この場から世界を変えることを決意する。
そして運命に導かれるように──あの日、グレンが助けた幼い魔女の一人が彼を尋ねるのだった……。

これは魔女と呼ばれ同じ人間から滅ぼされようとしていた彼女らを救い、今まで教わってこなかった言葉や感情を教え、少しずつ人間と魔女が共存できる世界に変える物語である。
24hポイント 14pt
小説 10,637 位 / 42,993件 ファンタジー 2,978 位 / 14,748件