気付いたら皇帝の妃として後宮にいました~私が昭儀って~

プロの小説家を目指す灯里はある日、夢の世界に行く。そこは自分が作った小説の世界だった。しかしプロット通りとはいかず、また夢だと思っていたら小説の設定によく似た異世界で……。
後宮に新たな妃として入った玉蘭だが、父より年上の三十歳差。どう対応して良いか判らず、他の妃たちと寵愛を競うのも怖く、居心地の悪さを感じていた。そんなとき皇帝主催の宴で偶然出会った青年士官にひかれていき……。
異世界と現実世界を行き来します。
「小説家になろう」にも連載しています。
24hポイント 7pt
小説 23,087 位 / 100,303件 恋愛 9,731 位 / 28,022件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

王子殿下の慕う人

恋愛 / 完結 24h.ポイント:1320pt お気に入り:4986

義妹に押し付けられた嫁ぎ先は、呪われた公爵閣下でした

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:101069pt お気に入り:8625

「悲劇の悪役令嬢」と呼ばれるはずだった少女は王太子妃に望まれる

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:46151pt お気に入り:2765

【BL】俺の手を掴んで

BL / 完結 24h.ポイント:35pt お気に入り:15