デカルトのこけし遣い

「デカルトの筆遣い」の続きの短編BL小説です。引き続き18禁。

芸術大学の学生デカルトが、絵が嫌いな事務員を脅してモデルをさせて一悶着があってからの話。また強引に絵の展示会に誘われて、絵が嫌いな事務員がこれまた可哀想な目に合います。デカルト×事務員

前が「筆」で今回か「こけし」ということで察していただければ・・・(^-^;

前作「デカルトの筆遣い」。下にリンクがあります↓
24hポイント 14pt
小説 17,274 位 / 79,937件 BL 2,905 位 / 7,290件