森の中の駅

北の国の森の中に、日に4本しか列車の止まらない小さな駅がありました。
駅には、駅員さんが一人と、大きな犬が一頭いました。
夏には、子猫も、仲間に加わりました。

森の端の小さな家には、おばあさんが住んでいました。
おばあさんと駅員さんは、親友でした。
二人目の孫が生まれるという時、おばあさんは、重い病気に罹ってしまいました。

新しく訪れる命と去っていく命……。

森の中の小さな駅の12ヶ月の物語です。
24hポイント 0pt
小説 39,308 位 / 39,308件 児童書・童話 766 位 / 766件