竜騎士様のお世話係あるいはペット枠に納まったようです。

 竜人の血を引く竜騎士である父が帰って来なかったその日、私の元を父の部下だという若い竜騎士が訪れた。私は、前世の記憶があるせいか、魔法が使えない。そのせいで半端者として竜人としては認められず、かといって人間の仲間に入ることもできない。それなのに、竜の言葉がわかるせいで、王族から目をつけられてしまったらしい。

 細かい説明もなく、若い竜騎士に連れて行かれる最中、私の体は小さく縮んで……。気がつけば、空色の小さな竜になっていた。「え? 竜騎士様のペットとして、騎士寮で暮らすんですか? 人間の時は、お世話係?」私の人生は予想外の方向に動き出してしまったのだった。

 竜騎士からの愛情は、ペットに向けられたものか、あるいは溺愛か。たぶん、溺愛される予定の物語。

✳︎ 小説家になろう様にも投稿しています。
24hポイント 11,276pt
小説 247 位 / 124,645件 恋愛 126 位 / 37,128件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

嘘つき同期ドクターの不埒な純愛ラプソディ。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:2898pt お気に入り:103

大ハズレだと追放された転生重騎士はゲーム知識で無双する

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:5729pt お気に入り:5779

婚約破棄されたので開き直って好きに生きてみようと思う

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:166531pt お気に入り:3959

転生したら捨てられたが、拾われて楽しく生きています。

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:75523pt お気に入り:14648

ブランリーゼへようこそ

恋愛 / 完結 24h.ポイント:9847pt お気に入り:3891