後宮の魔導師は皇帝に寵愛される

昔の約束は、今でも有効だろうか?
私ルォシーはある少年と、邪神の呪いからこの国を解放する約束をした。
時間が流れて彼は皇帝になり、私は後宮付魔導師見習いとなった。
ただ昔の約束を果たしたかっただけの私は、天の竜であるユーハンと共に行方不明になっている邪神の欠片を喰らう竜を探す。
どうやら皇太后様が竜失踪事件にかかわっている様で、捜索は難航してしまう。
そんな中皇帝の皇后候補となる宮女の募集が行われることになり、私はその一人に選ばれる。
時にぶつかりつつ、惹かれあっていくふたりの話
なろうにも投稿
24hポイント 14pt
小説 18,242 位 / 77,381件 恋愛 6,609 位 / 20,413件