ノルデン魔法雑貨屋

俺の父親は元魔法使い。誰よりも強くて特別な力を秘めているのに、今は街の片隅で魔法雑貨屋を営んでいる。ある日、店に謎の少女ビアンカがあらわれ、俺は衝撃の事実を聞かされる。『あなたの両親を殺したのは彼よ』魔法使いが襲撃されている事件を耳にしていた先生は、彼女を怪しんで魔法使いへ復帰することを決める。その中で俺の持つ特別な力が判明するが、先生の親友アロイスさんからは魔法を使わないように言われてしまう。そしていつも通りの生活をつづける俺たちだったが、俺はどうやら精霊の血を引いているようで――? 血のつながらない俺と先生が、本当の意味で親子になるまでの日々。
24hポイント 21pt
小説 11,657 位 / 58,810件 ファンタジー 2,886 位 / 19,033件