男性アイドル☆中原マナの片想い

 僕には好きな女の子がいる。もちろん、異性として。僕にとって彼女の存在は特別で、僕がこの先の人生において彼女以外を好きになることなんてきっとあり得ない。彼女も同じ気持ちであればいいと思うけれど、彼女にとっての僕はまだ、ただの幼馴染。朝、迎えに行けば一緒に登校してくれる。放課後も、僕が行けば一緒に下校もしてくれる。でも、それだけの関係。この関係から脱却して1歩先へ踏み出したいけれど、1つ問題があった。彼女は、男性恐怖症だ――
24hポイント 0pt
小説 39,504 位 / 39,504件 恋愛 9,402 位 / 9,402件