EACH-彼女の世界-

真っ白な髪と真っ赤な赤い瞳を持つ少女――アイラは自己を認識したその日から1度も外へ出ることがなかった。
アイラの小さな世界の大人はいつも一緒にいてくれるリンと、たまに顔を見せるシノの2人だけ。
同じ部屋で過ごす、5日歳下のカイトとおよそ1年歳下のレイナ。
2人は外へと出かけていくのに、アイラだけは許されない。
「いってらっしゃい」と見送って、「おかえり」と出迎えて。
2人と交わした約束を守るため、アイラは外へ出ることを望まなくなった。
そうして訪れる、運命の日。
何故、アイラだけ違うのか。アイラでなければならないのか。
死ぬかもしれない――その事実を知ってそれを止めるものは……止められる者はいなかった。
24hポイント 0pt
小説 30,896 位 / 30,896件 SF 1,069 位 / 1,069件