扉の先へ

サラリーマンで独身三十八才の河渡浩司は、作家になる夢を諦めきれずに、ネット小説に投稿を続けていた。普段書き慣れていない恋愛小説を駄目元でコンテストに登録すると、これがまさかの最終選考まで通過した。浩司の小説に読者から感想が寄せられるようになるが、その中で厳しい批評する者がいた。その人物は白鯨と名乗る作家で、同じコンテストに投稿し、同じく最終選考に残っていたライバルだった。この何気ない出会いを切っ掛けに、小説の感想欄を通して、浩司と白鯨の少し変わった交友関係が始まったのである。
24hポイント 0pt
小説 65,959 位 / 65,959件 ライト文芸 2,486 位 / 2,486件