劣等クラスの大逆転! ~できそこないのレッテルを貼られた教え子たちを、俺は一流の魔法使いに育てあげる~

 魔法の力とは個人のもつ魔力量に比例する。
 これは大昔からいわれていることであり、だからこそ大きな魔力を持っているものは優遇されてきた。
 平民であっても魔法学院に入学できたり、卒業後は顕職に就いたり。その一方で、魔力量の少ないものは仮に貴族の子弟であっても冷遇される。
 これが魔法王国と呼ばれるこの国の伝統だ。
 その風潮に逆らって、少ない魔力で効率的に戦う『魔法戦技』を提唱したアリューシスは、学園上層部に疎まれてある学級を押しつけられる。
 学院のお荷物、通称『劣等クラス』だ。
 貴族の子弟であるがゆえ魔法学院に入学はできたものの、魔力量の少なさゆえ落ちこぼれてしまった生徒たちである。
 国からも親からも、そして学校からも期待されず、完全にくさっていた子供たちに、だがアリューシスは自信に満ちて言った。
「勝ち方を教える」と。
 これは、努力は才能に勝ると信じた一人の魔法使いとその弟子たちが、従来の価値観をひっくり返す大逆転の物語である。






※毎日更新です
24hポイント 7pt
小説 32,089 位 / 143,832件 ファンタジー 5,495 位 / 34,646件