アマくないイ世界のハナシ

南野雪花

文字の大きさ
上 下
10 / 54
第2章 彼女の思い出と彼女の過去

彼女の思い出と彼女の過去 1

しおりを挟む

 大空を切り裂き、黄金の翼が舞う。
 竜の峰と呼ばれる山地を目指して。
 セシル商会が居を構える群都タイモールからは、徒歩だと一月以上かかるらしいが、黄金竜ドラゴンロードの翼ならば三日とかからずに到着できる。

「すごい眺めだな。これは」

 マルドゥクの巨大な背に乗ったナイルが呟いた。
 高度は二百メートルほど。
 地上からまったく見えないほどの高さではないが、わざわざそんな空の彼方を見上げる物好きはいないだろう。

「ニッポンでは、空を飛ぶ手段はなかったの?」

 不思議そうにセシルが訊ねた。
 とても文明の進んだ世界である。空くらい簡単に飛べるのではないかと思ってしまう。

「あったけどな。こうやって風を感じながら飛ぶっていう経験はないさ」

 飛行機、ヘリコプター。
 どちらも素人に操れるものではないし、密閉された空間である。
 ハングライダーや気球などには、そもそも乗ったことがない。

「金もなかったしな」

 空も海も開かれた世界ではない。
 そもそも金がなくては旅行を楽しむことなどできないのだ。

「世知辛いねー」
「規模がでかくなっただけで、あっちもこっちも中身はあんまり変わらないな」

 眼下に広がる風景。
 どこまでも広がる草原は緑に輝き、怠惰な蛇のようにうねる街道が遠くへ遠くへと続いている。

 エオスの大地。
 少年が思い描くファンタジー世界そのままの光景。

 そこには日本のような便利な暮らしはない。
 清潔な街並み、栄養価の高い食事、充実した教育、安全な暮らし、溢れかえる情報、そんなものは何ひとつ存在しなかった。

 共通して存在するのは、貧困。
 明日の食べ物の心配しなくてはいけない生活。
 それだけだ。

「まあ文明が進んだって、人間って種族そのものが成長するわけでもないしねー」
「もっともだ」

 移動手段や通信手段が発達し、地球はどんどん狭くなってゆく。
 だが人間は成長しない。

 世界のどこかではいつだって戦争をしているし、平和で豊かだといわれる日本だって事件や事故のニュースに事欠かない。
 それどころか、生活困窮こんきゅうから餓死する者までいる。
 誰も泣かない世界なんて、たぶん絶対に作れない。

「けど、それが人の姿だと思うよー」

 野心に身を焦がし、弱者を踏みにじり、それでも高みを目指す。
 人のありよう。
 全員が聖人君子貞婦せいじんくんしていふになってしまったら、それはそれで気色の悪い世界だ。

「セシルにも、なにか野心があるのか?」
「んー? どうかなー?」

 小首をかしげる赤毛の少女。
 風がさらさらと赤毛をなびかせる。

「夢はでっかく、王様とか?」
「そりゃ壮大だな」

 ナイルが笑う。冗談口と解釈したように。

「黙ってれば、国の半分くらいはもらえたかもなんだけどねー」
「なんだそりゃ?」
「あたしお姫様なんだよー」
「おいおい……」
「なんてー 女の過去なんて話す男によって変わるものなのさー」

 冗談めかしてセシルが笑った。
 からかわれたと悟り、ナイルが仏頂面を浮かべる。




 徐々に高度を下げてゆくマルドゥク。
 夕暮れという時間ではないが、陽はやや傾いている。

 夜は飛ばない。
 黄金竜にとって、べつに宵闇よいやみは怖れるべきものではない。
 ただ、不眠不休での飛行は背に乗っている二人が参ってしまうから。
 街道から少し離れた草原に、ドラゴンロードが着陸した。

 少年と少女が飛び降りるのを待って、幼女の姿をとる。

「お疲れさまでした。お師匠さん」
「うむ」

 ひとつ頷き、ナイルを手招いて抱き上げさせる。
 幼女状態では歩幅も小さいため、行動速度を合わせるには誰かが抱えた方が良い。

「でもそれって、マルドゥクが成人に変身すれば解決する問題なんじゃないか?」
「そして知人と出会い、それは誰だ、という話になるのじゃな」
「あー」
「少しは考えて発言するのじゃ。ナイルよ。リカバリが容易いからといって、わざわざ面倒を背負う必要はない」

 セシルはそれなりに名の知れた冒険者だし、トレードマークの赤毛はとにかく目立つ。
 男連れなのだから、なおさらだ。

 この上、さらに目立つ要素を追加する必要があるのか、という問題である。
 いちいち説明が必要な関係を装うより、里帰りする姉妹と護衛の冒険者という、誰の目にも判りやすい構図を見せた方がよい。

「と、もっともらしいことを言ってますけど、お師匠さんは自分で歩くのが嫌なだけですよね」

 くすくすとセシルが笑う。
 幼女は否定しなかった。

「まあいいさ。マルドゥクは昼間がんばってくれたんだし、抱いて歩くくらい何も問題ない」

 ナイルだって伊達に身体を鍛えてきたわけではない。
 十歳くらいの女の子を抱えたところで、さほど負担になるわけではないのだ。

「良い子じゃな。ナイルは。褒美に新米をサービスしてやろう」
「新米っ!?」
「うむ。そろそろ一期目の収穫が終わっているじゃろうからの。それに、当日の朝に採卵した玉子をつけて、醤油は本醸造の特級品じゃ」

 歌うように告げる金竜の淑女。
 日本にいたってそう滅多にできない贅沢だ。
 我知らずナイルの腹が鳴る。

「たぎるな……それは」
「楽しみじゃのぅ」
「何をそんなに期待しているのか、あたしにはさっぱりですね」

 夢幻の園へと旅立とうとする二人を促し、街道にでるセシル。
 人の姿はほとんどない。
 もうすぐ夕暮れだから。

 ランタンの光を頼りに夜道を急ぐ旅人、などというものはほとんど存在しない。
 闇は、人間のテリトリーではないのだ。

「日が暮れないうちに宿場に入ってしまいましょう」

 セシルの声に緊張感は含まれていなかったが、いつもの間延びした口調ではそれ以上になかった。
 軽く頷き、ナイルがやや足を速める。
 ゆっくり歩いても木戸きどが閉まる刻限までには充分間に合うが、疲労があるわけでもないのだから、急がない理由はない。

「宿場の飯はどうかのぅ? 美味いものが出れば嬉しいのじゃが」

 姫抱きから移動して肩車の状態になったマルドゥク。
 すでに心は夕食のことでいっぱいだ。

「期待薄ですよ? お師匠さんの作る料理に比べたら」
「我と比べるのは、いささか公平さに欠けよう。人の生などせいぜい七十年。そのうち幾年を修行に費やせることか」

 なので、マルドゥクは不味い料理でもちゃんと食べる。
 食通グルマンのように、ああだこうだと文句をつけることもしない。
 セシルが作った、さほど上手ではない料理でも残さずに食べてくれる。
 感想を求められた場合のみ、塩加減や火加減についてアドバイスをする程度である。
 優しいのか突き放しているのか、良く判らない師匠なのだ。

「誰かが作った料理を食すというのは、それだけで心が躍るものじゃ。美味い不味いは、それほど重要ではない。むろん、どちらかというならば美味い方が良いがの」

「なんか徳の高い聖者みたいだな。マルドゥクは」

 感心したように呟くナイル。
 誇り高きドラゴンロードなのに、人間に対してとても理解がある。
 竜種というのは、もっとこう、上から見下すような存在かと思っていた。

「千年も生きていればの。多少のことで腹を立てたりはしなくなるものじゃ」
「そういうもんか?」
「ああ。怒ったり仲違いしたりするには、人の生は短すぎるからの」

 時間がもったいないじゃろうと笑う。
 せっかく知り合った命短きもの。
 未熟な彼らにいちいち腹を立てていては、親睦を深める機会を逸する。

「なんといったかの。ニッポンでは一期一会いちごいちえとかいう言葉があるそうじゃ」

 この人とは一生のうちに、もう二度と会うことはないかもしれないのだから、今このときの出会いに感謝して大切にしよう。
 というほどの意味である。

「良い言葉ですね。お師匠さん」
「そうじゃな。ゆえに我は感謝しておるよ。セシル。汝に出会えたことも、ナイルという知己を得たことも」
「感謝している割には、あたしオシオキされること多くないです?」
「それは汝が愚か者だからじゃな」

 ナイルの肩の上。
 黄金の竜王がからからと笑った。

しおりを挟む