アマくないイ世界のハナシ

南野雪花

文字の大きさ
上 下
14 / 54
第2章 彼女の思い出と彼女の過去

彼女の思い出と彼女の過去 5

しおりを挟む

 王族や貴族にとって、子というのは道具だ。

 家を継ぐ長子ですら繁栄のための道具に過ぎないのだから、第二子以降など政略のための駒以上のものではまったくない。

 もっとも、これは王侯貴族に限った話ではなく、日本の中流家庭だって、子供は自分の虚栄心を満足させるため存在していると思っている親は、いくらでもいる。
 良い学校に行け、良いところに就職しろ。

 この場合、良いというのは、親にとって都合の良いという意味である。
 全部お前のために言っている、それが親たちの使う常套句。

 たしかに事実の一端だ。
 底辺校などに進学しても、そこで手詰まりになってしまう。大学にも進めず、たいした就職先もなく。
 夢を追うのもけっこうなことだが、スポーツや芸能で食べていくことは容易ではない。
 そして、安定した職に就いていないと、老後に苦労することになる。

 嘘ではない。
 けっして間違ってはいない。

 だが、子供にはチャレンジする自由がある。
 失敗する自由もある。
 そして、後悔する自由もあるのだ。
 誰の人生でもない。自分の人生。
 成功も挫折も、賞賛も罵声も、すべて自分のもの。
 しかし、親というのはそう考えない。

 苦労をしてほしくない。豊かな生活を送ってほしい。
 そしてできれば、親の役に立つ人生を選んでほしい。
 そういうものだ。




 チュチュリア。

 愛称をチュチュ姫という娘は、とある王国の王族に生まれた。
 継承権が高かったわけではない。
 女児、妾腹めかけばら、しかも末子ばっし

 上には九人ほどの兄姉がおり、彼女が女王となる目はほとんどなかった。
 となれば、待っているのは政略結婚である。
 生まれたときから婚約者がいた。
 隣国の第三王子だ。

 何事もなければ、彼女は十五歳になる年に、十二歳年長の王子の元に嫁いでいたことだろう。
 そのために、ごく幼少の頃から礼儀作法や貴人のたしなみの類を叩き込まれた。
 乾いた砂が水を吸うように、彼女はさまざまな知識や技術を身につけていった。
 成長速度は家庭教師が目を見張るほどで、父王が苦笑交じりに、女にしておくのは惜しいなどと語ったほどである。

 当時の彼女は、それは褒めているのだと思った。
 期待されているのだと思った。

 間違いだった。
 苦笑は、文字通りの意味での苦笑でしかなかった。

 女が博識である必要はない。
 女が武術を極める必要はない。
 女が政治に口を出す必要はない。

 男が女に求めるのは、そんなものではない。
 常に夫を立てる気だての良さ。
 子を産み育てることができる健康な身体。
 自分の言うこと何でも聴き、かつ退屈させない程度の、ほどよい愚かさ。
 とくに最後が重要だ。
 男より頭の切れる女など、論外なのである。

 それに気付いたとき、チュチュ姫は必要以上に聡明に振る舞うことをやめた。
 レッスンなども適度に手を抜くようになり、貴族の子女たちと噂話にも興じるようになった。

 敵を作らぬために愚鈍さを装ったわけであるが、意外な収穫もあった。
 情報である。
 令嬢たちのさえずる噂話のなかに、無視しえない水準レベルで重要な情報が含まれていると気付いた。

 含有率は低い。ほとんどが愚にも付かないゴシップネタだ。
 しかし、正しい知識と冷静な観察眼でスクリーニングすることで、さまざまな裏事情が浮き彫りになってゆく。

 情報収集の両輪のひとつ、金をかけない収集だ。
 ちなみにもうひとつの車輪は、間諜を雇ったり情報屋から買ったりなど、金のかかるやり方である。

 後者は不可能だったので、彼女はもっぱら噂の収集と分析に心を砕いた。
 結果、チュチュ姫は自分の婚約者がとんでもない奸物かんぶつだと知った。
 王位簒奪さんだつを狙う。
 第三王子といえば、継承順位は当然のように第三位だ。
 順当に考えれば長兄と次兄がおり、彼が王位に就く可能性は高くない。

 しかし、見方を変えた場合、玉座までのきざはしは二段だけしかないのである。
 チュチュ姫の国の影響力を背景として、兄たちを排除し、最終的には父を打倒して至尊しそんの座につく。

 馬鹿げた夢想と笑い飛ばすには、生々しすぎるだろう。
 その情報は、チュチュ姫を大いに悩ませた。
 軽々けいけいに判断することは難しい。
 もちろん王族としての倫理観に照らせば、謀反は重罪という言葉すら追いつかない。
 失敗した簒奪未遂者の末路など、悲惨きわまりないものだ。
 そんなところに嫁ぐのは、自分の死刑執行命令書にサインするようなものである。

 だが、成功すれば?

 一気に王妃の座が転がり込む。
 本来は望むべくもない地位だ。
 自分の能力のすべてをもって夫を補佐すれば、あるいは……。
 未だ挫折を知らない姫がそう考えたのも、無理からぬことであった。

 しかし、そのギャンブルに賭けベットすると決意するには、彼女は聡すぎた。
 ある可能性に気付いたのである。

 チュチュ姫は意図して情報を集めており、それができる立場にあるが、けっして特権的なポジションにいるわけではない。
 彼女が知り得たという事実そのものが、この情報が一定範囲に流布している証拠だ。
 そこで情報戦の基礎に立ち返る。
 世に飛び交う情報には、必ずスパイスがふりかけられている。

 たとえば、発信者の願望が含まれていたり。
 あるいは、受信者の思考を誘導しようとしていたり。
 さらには、何者かを陥れようとしていたり。

 慎重に香辛料を洗い流し、分析を進めていったチュチュ姫が至った結論。
 それは、王位簒奪ではなく、戦争準備であった。
 姫を娶った王子が簒奪を企てて失敗する。
 そそのかしたのはチュチュ姫の国、というシナリオである。
 開戦の口実として、これ以上のものはないだろう。

 最悪である。
 彼女は自分の出した解答を報告書にまとめ、父王に提出した。
 当初は子供の戯言と笑い飛ばした王だったが、理路整然とした推論と、彼の国の内部事情や外交関係にまで言及したレポートに、顔を青ざめさせることになる。
 チュチュ姫の読みに、少なくとも三割以上の可能性を見て取った。
 そして三割というのは、勝負をしない数字として充分である。

 だが、だからといって簡単に婚約を破棄することもできない。
 両国のパワーバランスというものもある。
 婚約破棄を口実に戦争を仕掛けられるのもまずい。
 戦って惨敗するとまでは思わないが、圧勝するとはそれ以上に思えない。
 おそらくは惜敗。

 航路の利権や領土の割譲などが要求されるだろう。
 ヒロイックサーガなどの世界ではあるまいし、国民が皆殺し、などということはありえない。
 民草を殺してしまえば、そこから得られる税収がなくなってしまうからだ。
 土地そのものには何の価値もない。

 そこに作物が育ち、人が行き交い、モノや金が国に納められるから戦ってでも奪う意味があるのだ。
 苦悩する王や重臣たちに、チュチュ姫は提案した。
 自分を追放して欲しい、と。

 理由は何でも良い。
 じつは正嫡ではなかったとか、なにか不始末を起こしたとか、とにかく王族としての地位を剥奪して放逐してしまえば、彼の国は政略の足がかりを失う。
 未来永劫のことではないが、さしあたり時間を稼ぐことができる。
 そしてこの際、最も必要なのが時間なのだ。

 政戦両略を整えるだけの時間。
 その提案に父王は懊悩おうのうしたが、長時間のことではなかった。
 どだい、王族一人と国益を秤にかけることはできない。
 むしろこういうときに使う駒にするため、王は子福者たるを望まれるといっても良いほどだ。
 王位継承順も低い小娘がひとり犠牲になって貴重な時間が稼げるなら、それを選択しない理由はどこにもないのである。
 邪魔するのは肉親の情だけだが、王というのは私情より国を優先しなくてはいけない。

 こうして、チュチュ姫は単身で王城から飛び出すこととなる。
 わずかな金貨を携え、愛馬を駆り。
 十四歳。
 嫁ぐはずの年齢まで、あと一年を残していた。

しおりを挟む