サクラが咲いた日

異世界要素はありません。
完全に現代のお話です。

妻を事故で亡くして半年弱、池之内亮太は今週いっぱいで退職が決まっていた。その週の初日は新入生の通学が始まる日で、通勤電車もすし詰め状態である。
そんな中、彼の前に立った少女が痴漢に遭っているところに出くわす。
「あれ? 久しぶり!」
少女の様子からあまり事を荒立てない方がいいと考えた彼は、機転を利かせて初対面なのに彼女にそう声をかけた。お陰で痴漢の手は引っ込み一安心。人違いだったと告げたのだが、返ってきた応えは違っていた。
「お久しぶりです!」

それほど長くない、ちょっとハートフルな物語をお届けします。

★手違いで非公開にしてました。すみません。
24hポイント 0pt
小説 87,337 位 / 87,337件 恋愛 23,066 位 / 23,066件