終焉の雪

人は体と心を削りながら終焉を迎える。
もしも体と心の削れるバランスが崩れると、その影響は周りの家族の生活を残酷に巻き込む結果となる。

主人公の由香里が友人の智子の様子を見に行くところから終焉という話に巻き込まれて行く。
友人の智子は家族だからということで会社まで辞め、お婆ちゃんの介護を始めてしまった。
もちろん私、由香里も含め周りの人間達には当たり前だと思っていた。
介護……それは家族だから出来る、家族だから出来ないことがある。
それを知らなかった智子 ーーー 智子に会いに行ったとき智子は追い込まれていた。
夜には悪い想像もして罪悪感に苛まれることもあったらしい。
私は智子を助けながらこの問題の深さを思い知ることになった。
24hポイント 170pt
小説 6,076 位 / 100,927件 ライト文芸 269 位 / 4,670件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

あなた達は誰ですか?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:306501pt お気に入り:12555

弱毒性キノコ

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:0pt お気に入り:0

黒い悪魔と銀のメス、金の盾

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:35pt お気に入り:0

月が導く異世界道中

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:53890pt お気に入り:31221