中学性日記

柊冬子は39歳。金なし、彼氏なしのアラフォー女子。昼間はお弁当屋、夜は学習塾で働いて、なんとか糊口をしのいでいる。そんな冬子の前に現れた少年、伊吹久遠。久遠は、頭脳は明晰だが、性格が悪く、どこか影のある少年だった。親子ほども歳の離れた久遠に、次第に心惹かれていく冬子。だが、久遠の複雑な家庭環境が、次第にふたりの仲に暗い影を落とし始める…。
24hポイント 14pt
小説 14,875 位 / 60,360件 恋愛 4,768 位 / 14,643件