上 下
111 / 111
第6章  3「清冽な、夏の朝の香り」

水ぎわより、御礼の言葉

しおりを挟む
しおりを挟む

この作品の感想を投稿する

みんなの感想(1件)

CBL
2021.03.05 CBL

カクヨムからきました。
連続して読める幸せに浸ってます。

是非
『アラベスク、のような分岐点』
も掲載してください。

後のエピソードの追加も楽しみに、しています。