白雪姫と黒王子の事件手帖

 大学1年の天都白雪(あまつ しらゆき)は、人の姿や性格に『色』を感じ取れる共感覚の持ち主。

 ある日、白雪が共感覚を持っていると知った3年の御幡黒銀(みはた くろがね)に誘われ、大学の探偵サークルに加わることになる。そこには、白雪とは異なる共感覚を持つ、個性豊かなメンバーが揃っていて……!?

 その後、大学で起こった殺人事件をきっかけにして、白雪や黒銀たちはさまざまな謎に巻き込まれていくことになる。

*共感覚については独自の解釈が出てきます。あくまでフィクションとして受け止めていただけますと幸いです。
*作品表紙はtokarami様に提供していただいたものです。保存・転載・その他の使用も禁止とさせていただきます。
24hポイント 0pt
小説 58,778 位 / 58,778件 キャラ文芸 1,385 位 / 1,385件