学校七不思議

藍澤風樹

文字の大きさ
上 下
3 / 10
夜の学校

わたし達はここにいる

しおりを挟む
せめてあなただけでも、覚えておいて。
知っていて。
わたし達はかつて、ここにいたの。

そして、今もいるんだって──

 

 
 
「里美ぃ、今日はおべんと何処で食べ……」
「ごめん、ちょっとパス」

いつも一緒にランチタイムを過ごす香奈や麻紀子のお誘いを振り切って、私は昼休み開始のチャイムと同時に教室を飛び出した。

「ダイエットかなぁ。無駄な抵抗を」とかいう声なんて構ってられない。

階段と廊下を走り抜けた私は、北棟の例の部屋のドアの前で息を切らせていた。

昨夜、確かにここに来た。
英語のプリントは間違いなく手元にある。
あれから結局プリントなんかに構っていられるわけもなく、今日の授業では先生からばっちり指名されても一言も答えられなかった。

ああ、でも……
昨夜の出来事は、今思えば、夢だった気がしてくる。

消えた女生徒
本物の幽霊

そんなもの、本当にいた?
でも……


ドアを見上げると、その上に「倉庫」の張り紙がしてある。
だけどよく見ると、その張り紙の端が僅かにめくれて下にプレートらしきものが覗いている。
女子にしては結構高い百六十五センチの身長を持つ私なら、思い切り背伸びすればそこまで手が届きそうだった。

届いた。
張り紙の端をゆっくりと慎重にめくってみる。
「心」という文字が見えた。

心臓が跳ねた。
思い切って張り紙を剥がした。

『心霊研究部』

黄ばんだプレートに、しっかりと彫り込んである。

「夢じゃなかった……」

心霊研究部なんて部活の存在は、昨日まで知らなかった。
だけどその証がここにある。
昨日出会った二人の言葉は、真実なんだ。

昨夜、開ける直前までいったスティールのドアのノブに手を掛け、廻してみた。
鍵はかかっていない。 
ぎぃぃと嫌な音を立てて、重い扉は開いた。

狭い。
教室の半分にも満たない広さの部屋は、段ボールや丸めたポスターなどが山積みされ、表の張り紙の通り倉庫として使われていた。
窓の前にも荷物が積まれ、室内は暗く埃っぽい。

「電気のスイッチは……きゃっ!」

暗さに眼をこらしつつ室内に踏み行った私は早速何かに躓いて、近くの段ボールにぶつかった。

ぱさっ

「うん?」

その拍子に上から一枚の紙が落ちてきて、私の頭にのっかった。

「写真……?」

手に取って何気なく眺めた私は、固まった。

美加と絵梨の写真。
どれほど前のものなのか。
カラーではあるけれど、保存状態が悪かったせいか、もう色褪せている。
でも、写っている姿は昨夜会った通りの二人だ。
季節は春なのだろう、長袖のセーラー服を着て嬉しそうな笑顔を浮かべ、仲良く寄り添う二人の少女。
学校の中庭か校庭で撮ったのか、後ろには桜の花びらが舞っている。
写真の下の白枠には、どちらが書いたのか、赤ペンで「祝・進級」という文字が書き込まれていた。
屈託のない笑顔が眩しく哀しかった。

これから、どんな運命が待ち受けてるとも知らずに──


写真を胸に抱いて、図書室に向かった。
今の時間はまだみんなお昼を食べてる時間だから、図書室には暇そうに欠伸をしている図書委員しかいない。

私は迷わず卒業アルバムが並んでいるコーナーに足を向けた。
第一回卒業生のアルバムから、順々に眼を通していく。
集合写真と個人写真。
そして部活動のコーナー。
心霊研究部は、五回生の卒業アルバムから初めて登場している。
でも美加と絵梨の姿はない。
部員も、この当時は男女合わせて五人も居たらしい。

一学年七クラスまでしかないとはいえ、これは結構重労働だった。
次第に目が疲れてショボショボしてくる。
警察の容疑者探しの苦労が、ちょっとだけ分かる気がした。
そんなしょうもない事を思った時、ページを繰る私の手がぴたっと止まる。

三年A組のページに、見覚えのある少女が微笑んでいた。
斉藤美加。
次のページ、B組に北水絵梨の写真がある。
あんなに仲は良くてもクラスは別だったんだ。
きちんと集合写真にも二人は姿を見せている。
生きて、生活している姿が。

部活動紹介のページに心霊研究部があった。
写っているのは勿論二人。
昨夜、あの二人は「卒業していない」と言っていた。
でも、こうして卒業アルバムには載っている……。

はたと、ページを繰っていた手がまたも止まった。
最後のページに、後から訂正と言うことで貼り付けたのだろう、注意書きのシールが貼ってある。

『A組斉藤美加、B組北水絵梨の2名は』

何となく、その先を読むのが怖かった。
一旦目を閉じて、開く。

『三学期から休学扱いとなったため、卒業せず』

二人が消えたのは、夏休み直前だと聞いた。
その時点では既に卒業アルバムの編集は始まっていたのだろう。
だから、美加も絵梨もアルバムに載ってはいる。
だけど、卒業は──

耳元で、囁かれた気がした。

「卒業出来ないもんね」

絵梨の声。
思わず顔を上げ、周囲を見回した。
書棚に囲まれた私の周りには、誰も居ない。
姿は見えないけど、今、ここにいる……?

「あなただけでも、覚えていてくれない? かつてあたし達が生きていた場所を」

昨夜の美加の言葉がこだました。

「あたし達はここにいたの。そして、今もここに居るんだって……」

アルバムを見下ろしたまま動けないわたしの目から、涙が一滴こぼれ落ちた。
しおりを挟む