学校七不思議

藍澤風樹

文字の大きさ
上 下
4 / 10
北水絵梨の章

姉はどこ?

しおりを挟む
お姉ちゃんが消えた。


夏休みを目前に控えた、ある暑い夏の日、姉はいつも通り学校に行き──
翌朝になっても帰ってこなかった。

別に、素行が不良だった訳じゃない。
夜遊びをするでもなく、たまにファストフードの店に寄り道をして買い食いするくらいの、 ごくごく真面目な女子高生だったらしい。
姉の仲の良かった、もう一人の同級生も同じ日に消えてしまったので、警察まで介入して、家出や事件に巻き込まれた可能性とやらを検討していたそうだ。

私はその時まだ小学生で、姉はもう高校3年だったから、随分年は離れていたが可愛がってもらった記憶は微かにある。
私も姉によくまとわりついていた。
だけど、顔はもう思い出せない。
写真も母親が大事にしまい込んでしまって見られない。

私が小さな頃、一緒に写した写真が一枚だけ手元にある。
けれどそれは、肝心の姉の顔だけが黒インクで汚れて隠されている。
幼かった私が悪戯したらしい。
セーラー服を着ていることと長い髪であることがかろうじて分かるだけ。

姉が消えた当時のこともほとんど知らない。
後から両親がこぼしていた言葉から察するだけだ。
姉が消えて両親はめっきり老け込んだ。
未だに姉の部屋は消えた当時のまま。
本棚には怪奇現象を扱った雑誌や本が詰め込まれていて、姉の悪趣味な一面を知らしめる。
宗教には興味が無かったらしいのは幸いだ。
ママがいつ戻ってきてもいいようにとこまめに掃除をしてるから部屋には埃もなく、今でも誰かがそこで生活しているようだった。
この部屋の主は、もう帰ってこないかも知れないのに……。

私が、姉が消えた同じ年齢の高校3年生になった今、両親は姉への思いが再燃したみたい。
この頃は「絵梨、どうしてるかねぇ」という言葉を毎日のように聞かされる。
姉に比べられるのが嫌で、高校に入ってからは長かった髪をショートにして通している。
幼い頃に消えた姉に、私自身は今ではそんなに思い入れはない。
ただ、時々夢に見る。
セーラー服を着た長い髪の人が、暗い闇の中から私の名前を呼んでいる。
顔は影になってしまって見えないけれど、不思議と哀しげに思えた──

 


「え~マジ? 山中のヤツ、好きな子がいるのぉ?!」

美紀が哀しげな声を上げた。

放課後の教室。
私たち三人は端の席に陣取り、鳥居と50音順のひらがな、数字、アルファベットを書き込んだ紙の上を走る十円玉の上に人差し指を預けていた。
お馴染み、『こっくりさん』という遊びだ。
単なる占いゲーム。
恋の行方やその日の運勢を『こっくりさん』に尋ねては、その答えにいちいち歓声を上げる。
私も占いは好きな方なので、他の二人、美紀や典子に合わせてわいわい言っていた。

「由美ってば、さっきから全然質問してないじゃん。最後くらい、何か聞いてみたら?」

典子がこちらに話を振ってきた。

「んー。でも、明日の運勢は聞いちゃったし」

ちなみに、明日は可もなく不可もない平凡な一日になる、と言われた。
質問に迷う内、今朝も聞かされた母親の言葉をふと思い出した。

『絵梨、どうしてるかしら……』

「私の姉は何処にいますか?」

十円玉がするすると、文字盤の上を走り始めた。

こ こ

「ここ?」

典子が、首をかしげた。

「由美のお姉さんって、そいえばここの生徒だったんだっけ」

二人とも、私の姉が神隠しにあったことは知っている。
その事件がこの学校の七不思議の一つになってるらしいとも。

『神隠しにあった女子高生の霊が出る』と。

たとえ幽霊でも、両親は姿を見たら、感激の涙を流すだろう。

「ここって、学校のこと? 在学してた事を言ってんのかしらね?」

美紀も、顔にクエスチョンマークを浮かべている。
まぁね、明確な答えなど端から期待などしていないし。
ただの遊びだもの。

「そういう遊び、止めた方が良いわよ」

唐突に、声がごく近くでした。
思わずはっと顔を上げた私たちの机の隣に、いつの間にか、知らない女生徒が立っていた。

長い茶色の髪に、白いヘアバンド。
見たことがない顔だ。
隣のクラスの子?

「何? あんた、突然」

茶々を入れられて、美紀がその子を睨み付けた。
ギャルが入ってちょっとキツそうな外見の美紀に睨まれても、相手は平然としている。
逆に、視線を返された美紀の方がちょっと引いたくらいだ。

「そういうのやると、浮遊霊とか、その辺の雑多な霊が集まってきちゃうから」

大まじめな顔をして、その女生徒は言った。
それを聞いた典子が、くすくすと笑い出す。

「え~。あなた、そんなこと信じてるのぉ? こんなもの、単なる遊びじゃない。ア・ソ・ビ」

体勢を立て直した美紀も、バカにするように笑った。
私は……どうしていいか分からず、ぽかんとその状況を傍観していた。

「忠告はしたからね」

にこりともせずそう言い残し、女生徒は踵を返した。
妙に足取りが軽い気がしたのは、気のせいだったのだろうか。
まるで、空を歩いてるような歩き方だったのは。

「何だったの? あの人」

典子が、眉をひそめた。
折角楽しくわいわいやってたのに、ぶちこわしじゃん。


今まで教室に残っていて、帰ろうとして近くを通りかかった同級生に、

「さっきの子、知ってる?」

と声を掛けてみた。

鈴木というその男子生徒は、

「さっきの子って?」

と、小首を傾げている。

「今、ここの教室にずかずか入ってきて私たちにイチャモン付けた、変な女子生徒だよ」

嫌そうな顔をしながら説明した美紀へ、鈴木はますます妙な顔をした。

「はぁ? 教室に残ってるのは俺とお前達だけだし、誰も入ってきてないじゃん」
しおりを挟む