学校七不思議

藍澤風樹

文字の大きさ
上 下
5 / 10
北水絵梨の章

こっくりさん

しおりを挟む
今の騒動で、三人の指が十円玉から離れてしまっていた。

「やっば! 途中ではなしちゃダメなのに!!」

慌てた三本の人差し指が十円玉の上に乗せられる。
鈴木は怪訝な顔をしながらも教室を出ていき、もう薄暗くなった教室の中に残っているのは私たちだけだ。
最終下校時刻まで、あと僅か。

「そんじゃ、そろそろ帰っていただきましょうか」

美紀の一言で、こっくりさん終了の儀式が始まった。

「こっくりさんこっくりさん、お帰り下さい」

十円玉が、ずずっと動き出した。
『いいえ』の文字の上で止まる。

「え……?」

私達は戸惑った顔を見合わせる。
『はい』の方に動いてもらわねば、こっくりさんは帰ってくれずこの遊びも終われないのに。

「ちょっとぉ、変な所に動かさないでよ」

美紀が笑った。
私か典子のどちらかがわざと動かしたと思ったらしい。

「私は動かしてないよ」

となれば、残るは典子?

「わたしも動かしてないってば」

典子がぷぅっとむくれた。

と、また、十円玉がするすると動き出した。

わ た し は し ら か わ あ ゆ み

紡ぎだされた文字を見て、私たちは顔色を変えた。

『私は、白河あゆみ』

白河あゆみ──
それは、つい一ヶ月前に校舎の屋上から飛び降り自殺した女生徒の名前。

「ちょっと……悪戯はやめてよ!」

美紀がキンキン声を上げ、典子は逆に興味津々な目つきに変わっていた。

「あなたは、一ヶ月前に自殺した、白河さん?」

はい

「どうして、自殺したの?」

し り た い ?

「はい」

流石に平静では居られない私たちに気付かず、典子は質問を『こっくりさん』へ投げつけていた。

「ねぇ……もう止めようよぉ」

実際に死んでいる人間の名が出た途端、私も怖くなった。
もう、単なる占い遊びじゃない。
これは──危険。
十円玉から指を離さなきゃ。
強く思ってるのに、まるで貼り付いた様に指は十円玉の上から離れない。

さっきの女の子の言葉が甦った。

「そういう遊び、止めた方が良いわよ」

もう、止めたい!!
帰ってもらわなきゃ!

典子の質問に、十円玉が動き出す。

な ら  こ ち ら へ き て

答えの意味が分からなかった。

次の瞬間、典子がいきなり、がたんと椅子から立ち上がった。
さっき十円玉から指をはずした時、一番に慌てたのに、今その指先は躊躇い無く離れた。
まるで誰かに操られたように。

「典子?」

私の呼びかけを無視し、典子はつかつかと窓に近寄った。
週番が戸締まりした鍵を外し、窓を開けた。
外からの風が、薄汚れているカーテンをふわりと舞い上げる。
窓の外は、もう真っ暗になっていた。
私と美紀は、その場から動けなかった。
バカみたいに、律儀に十円玉の上に指を載せたまま。

何が起きているのか、分からなかった。
すべてが、ビデオを見ている感じだった。
現実じゃない、虚構の映像を。

典子が窓から身を乗り出した。
あっという間に、その姿が窓から消える。
典子がかけていた黒縁の眼鏡だけが教室の中に残り、かしゃんとレンズの割れる音が響いた。
その乾いた音を聞いた途端、私の呪縛が解けた。
典子の名を叫びながら、窓際に駆け寄る。
ここは4階!
典子が、飛び降りた……!!

窓の下に典子は居た。
中庭のコンクリートの地面に大の字になって。
壊れた人形のように手足が奇妙にひしゃげている。
そして、血。

「な……あ、あぁぁ……」

パニックを起こしかけた私の隣の窓ががらりと開いた。
今度は美紀が窓枠に足をかけている。

「美紀ぃ!!」

泣きながら、横から美紀の古紙を抱きとめた。

何が、何で、どうして……?

美紀が私を突き飛ばした。
机の角に後頭部が直撃し、意識がふっと遠退きかけてぼやけた視界の中、美紀が再び窓の外へ身を乗り出している。
その時、見えた。
美紀の目の前、窓の外に、見覚えのある顔が浮かんでいるのを。

白河あゆみ

同じ三年の同級生。
クラスは違うけど、私も顔くらいは知っていた。
余り目立たない大人しい生徒で、居ても居なくても構わない、そんな存在だった。
いじめの対象にもならない程度の。
それが、一ヶ月前に突然校舎の四階から飛び降り自殺をした。
首の骨を折って即死。
遺書は無かったので動機は不明のまま。

その、白河さんが、どうして……?
飛び降りたのはこの教室じゃないし、ましてや私たちは、あなたと話したこともないのに……!

『そう言うのやると、浮遊霊とか、その辺の雑多な霊が集まってきちゃうから』

こっくりさんのせい?
私たちが、知らず知らずの内に白河さんを呼び出したの?
それで怒って、私たちを連れていこうとしている……?!

「お願い……やめて……」

泣きながら、叫んだ。
叫んだつもりだったけど、全身が震えて上手く声が出ない。
打ち付けた後頭部の痛みを無視して、何とか再び美紀にすがりつこうとした。

あ な た も い っ し ょ に

楽しそうな白河あゆみの声が聞こえた。

そして、ぐいっと腕を引っ張られる感触。
目の前に死者の顔があった。
血の気が感じられない、蒼白な顔色。
にぃっと心底楽しげに笑う唇も、真っ白だ。

白河あゆみは、右手で美紀を、左手で私の腕を掴んで窓の外に引っぱり出そうとする。
私は足を踏ん張って、泣き叫んでいた。
隣の美紀は、何の反応もしない。
虚ろな目は何処も見ていない。

抵抗しない美紀は、易々と窓の外に放り出された。
引き戻す力はない。
あっという間に落ちていく。
ぐしゃっという、鈍い音が聞こえた瞬間、私は目をつぶってしまった。

その一瞬の隙をつかれた。

ぐいっ!!

私の体の半分が、窓の外に引っぱり出された。
しおりを挟む