学校七不思議

藍澤風樹

文字の大きさ
上 下
9 / 10
花子さんの章

代償

しおりを挟む
「いやぁぁ!!」

蒼白な顔で逃げ惑う恵理子と対照的に、女生徒は楽しそうにくすくす笑っていた。

「どうしたの? 御祓いできるんでしょ?」

恵理子の足に、体に、腕に、顔に、蒼白く長い腕はからみつき、爪を立て、引きずり込もうとする。
タイル張りだった床は、今や無数の腕の海になっていた。

「それはあなたが今まで呼び集めた雑霊達よ。言霊は霊を呼ぶ。例え、この学校に関係ない者達でも」

悲鳴を上げて手を振り払おうとも、後から後から腕は絡みつく。
トイレのドアはそこなのに、出口が手の届きそうな場所にあるのに。

「お願い、止めて! 何なのこれ!!」

恐怖のあまり泣き出した恵理子に、相手は相変わらず笑顔で応えた。

「人の話を聞かない子ねぇ」

その間にも、死者の手は恵理子の頭を押さえ込もうとする。

「ま、学校に関係ない奴らはこの辺で退場してもらいましょうか」

女生徒が、ぱちんと指を鳴らした。
その途端、

「ぎゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

死者の悲鳴が聞こえた。
同時に床の手も吹き飛ばされるように消え、元通りのトイレの床に、恵理子は座り込んでいた。

「あ……あぁぁ……」

腰は抜け、膝は笑い、肩を震わせて泣きじゃくる恵理子の前に、女生徒が立ったのが気配で分かった。
恐怖のために顔を上げるなんてとても出来ない。
うつむいた視界には、ただ女生徒の足が見えるだけだ。
白いスクールソックスと全然汚れていない上履きが。
そして──何らかの違和感。

「学校での怪談話は付き物だから、その為にヘンな奴らが来るのは仕方ないし、そのくらいは許してあげる。でもね……」
楽しそうだった口調が微妙に変化した。

「あなたは、いつ私を見たの?」

恵理子の嗚咽が止まった。
思わず顔を上げる。

「駄目よ、呼んでないのに嘘ついちゃ」

生まれて初めて、冷たい微笑みと言うものを見た。
一目見るだけで背骨に氷を詰め込まれたと錯覚するほどの。

「ねえ、私を呼んだらどうなっちゃうと思う?」

ああ、そうよ。
さっき、女生徒の足下を見たとき感じた違和感。

影が、なかったんだ――

「ねえねえ、私の好きな遊びって何だか知ってる?」

女生徒が腰を落として、恵理子の目をのぞき込んだ。
さらりと目の前で黒髪が揺れる。

知ってる。
前にオカルト雑誌かTVで見た。
三番目のトイレのドアを叩いて花子さんの返事をもらった後に「何して遊ぶ?」と問うと、返ってくる答え。

白くて綺麗な指が恵理子の首に伸びてきた。

「首締め遊びよ」

ぎりっ。
呼吸が止められる。
振り払うことも許されない力で、じわじわと首を絞められる。
怯え。
全身の震えが止まらない。
死ぬ?
殺される……

首に掛かっていた圧迫感が唐突に消えた。
途端に窒息寸前だった恵理子の気管は、空気を求めてせき込んだ。
げほっげほっという苦悶の声がトイレの中に響く。
咳き込みすぎて、苦しくて涙が止まらない。
そんな恵理子の姿を、新しいおもちゃを与えられたような表情で、彼女は見つめた。

「でもね、それじゃつまらないわね。折角だもの」

涙でぼやける視界の中、無邪気に笑う少女が見えた。

「あなた、よく言ってたわよね。廊下や階段に人の姿が見えるって」

ぞくり

恵理子の全身の肌が粟立った。
怯えとはまた違う感覚の震え。
圧倒的な恐怖。

「『霊感』とやらがある人には、姿






「七不思議に触れるのもやばいけど、花子さんを怒らすのも怖いよねぇ」

しみじみと美加が呟いた。
相変わらず、斉藤美加と北水絵梨は心霊研究部の部室に居る。
別にここの部室に縛られているわけではないのだけれど、夜になるとどうしてもここに来てしまう。
昼間は倉庫になっているので居る価値もないから、校舎内をぶらぶらとしているが。
そして、北棟のトイレでの出来事を見ていた。
もっとも、これは偶然ではなく、事前に花子さんから呼ばれたのだ。
くすくす笑いながら。
そして、その無邪気な笑顔の裏には隠しきれない邪悪な喜び。

「新しいおもちゃが手に入るの。あなた達も見に来ない?」

可愛い顔してても、花子さんはやはり妖怪。悪趣味だ。

中田恵理子という女生徒、学校に関係ない雑霊を集めただけならまだしも、「花子さん」に触れたばかりにその姿を消した。
いや、正確には居る。
北棟三階トイレの前に。
これからこの学校が取り壊されるか無くなるかしない限り、永劫に。
そしてその姿は生徒には見ることは出来ない。
花子さんの気が向いた時は、「首締め遊び」に付き合わされることだろう。
遊ぶことが、楽しいことが、何より彼女は好きだから。

「あの中田っていう生徒の前に花子さんに捕まってた人は、何年くらい首絞められてたっけ?」

美加の問いに、

「10年くらいじゃなかったかしら」

絵梨が無関心に答えた。
もはや生者でない二人に時間の感覚は無く、中田恵理子の代わりに解放された生徒はどうなったのかも知らない。
美加も絵梨も、別に仲良く話してたわけではなかったし。

「花子さんに触れずに、霊感あるって事だけにしておけば、この学校卒業できたのにねぇ」

あまり同情してない口調で絵梨が言った。
自ら不幸の事態を招いた者に、同情はしない。
彼女達が自らを哀れまないように。

「そう言えば、女子トイレは『花子さん』なんでしょう。男子トイレには誰がいるのかしら」

今更、気付いたような絵梨の呟きに、美加も首を傾げた。

「んー……男子トイレって女子には縁のないところだもんね。新入りの男子生徒が入ってきたら、聞いてみる?」
しおりを挟む