世界の存亡を決めるゲームに当選しました。

日本海に突如現れた異世界の大地。その大地は、神話でユグドラシルと言われ、幾度も繰り返された人類滅亡の審判者がいた。今回は一人の日本人が係わった事で、滅亡か存続かを決めるゲームが開催される事になる。
主人公『厚木 夏月』は格闘ゲームが趣味の高校3年生。童顔で女の子ような見た目から、人との付き合いが上手く出来ず、学校以外の時間のほとんどをネットゲームに費やしていた。そして、新しいゲームのテスター募集に応募したことで、そのゲームに参加する事を選ぶ。世界樹が聳え立つ大地で、冒険者になった『ナツキ』が沢山の出会いを得て、少しづつ成長していく物語です。
※すこし、シナリオ風な書き方になっています。
24hポイント 0pt
小説 58,749 位 / 58,749件 ファンタジー 19,021 位 / 19,021件