勿忘草は春に咲く

 冬の終わりに妹を病で亡くした姉は、妹が唯一自分に遺した手紙に記された一文の意味を掴みあぐねていた。
 その意味が分かった時、姉は妹との大切な約束を思い出した。
24hポイント 0pt
小説 64,349 位 / 64,349件 ライト文芸 2,463 位 / 2,463件