あの子に光は届かない

『自分は普通だった』

自分の元に何度も光がさす。
掴もうともつかめず記憶を失う。


走馬灯の中でで、自分は『普通じゃなかった自分』を知る。
裏切り・孤独・不倫・虐待・貧困・障害……
果たして自分は全部を思い出した時、どうなってしまうのだろう。
24hポイント 35pt
小説 14,967 位 / 101,205件 エッセイ・ノンフィクション 195 位 / 3,628件