私の事を貶めようと散々頑張ってきたみたいだけど、そんなのに騙されるほどみんな馬鹿じゃないのわかってる?

亜子と華は中学時代からの親友。だが、亜子は中学時代の嫌な思い出から、華に好きな人の存在を知られまいと必死だった。なんと華は亜子の好きな人を知ると、陰でその人に亜子の悪口を言っていたのだ。高校生になり、新たに好きな人が出来た亜子は、学祭期間にこっそり仲良くなろうとするが…

第1章から第3章の3話完結小説です。
24hポイント 21pt
小説 19,145 位 / 124,489件 恋愛 7,976 位 / 37,108件