先輩に快楽マシンに固定され絶頂に導かれる

俺の名前は憲明。22歳で新人のサラリーマン。
3歳年上の浩二先輩にしごかれながら会社で仕事をする日々。
頑張って仕事をする俺を見て、先輩は「いいぞ、その調子だ。憲明はやればできるんだよ」と褒めてくれるところが嬉しい。
そんなある日。
先輩が俺に「お前、快楽マシンって好きか?」と聞かれて「はい」と返事をしてしまう。
24hポイント 63pt
小説 14,288 位 / 140,187件 BL 2,892 位 / 15,864件