男子高校生は同室者のイケボにイかされる

高校生の七瀬洸は、かなりの声フェチで、寮の同室者の皆川泰生のイケボにドキドキしていた。そのことがバレてしまった洸は、泰生の実験に付き合わされることになる。それは、声だけでイケるかどうかだった。
恥ずかしい格好をさせられ、言葉で身体中を愛撫される洸。
最初はふざけていた泰生も、あまりにも洸がエッチな姿になっていくため、次第に夢中になっていった。
24hポイント 7pt
小説 35,041 位 / 148,546件 BL 7,920 位 / 17,089件