美形の息子を監禁して搾精機で精液を搾り取る話

間宮颯介は、息子の奏を溺愛していた。息子を独り占めしたかったために、妻と離婚したぐらいだった。
だが、奏が自分に内緒で母親と会っていることを知った颯介は、奏を部屋に監禁して、お仕置きと称して、奏の性器に搾精器を取り付ける。そして、奏が泣いて許しを請うても、颯介は許さなかった。
颯介は、奏を犯している様子を動画に撮ると、その姿を奏の母親へと送った。
24hポイント 49pt
小説 16,237 位 / 148,895件 BL 3,599 位 / 17,195件