上 下
26 / 122
第一章 幼少期編

第二十二話 屋敷

しおりを挟む
 王城の陛下より呼び出しがかかった。まだ朝一番という時間に。
 使者が今すぐ王城に来るようにとのことだ。
 普通は呼び出しかかってから時間あるよね?って聞いたら陛下より「いいからすぐにこさせるのだ」と言われたらしい。
 仕方ないので、そのまま使者の馬車に乗せてもらい王城へ向かった。
 案内をしてもらい、いつもの応接室にて座って待つ。
 いつも紅茶を出してくれるのだが、それがとっても美味しい。今度お菓子でもつくってお礼に持ってきてみよう。
 少し時間を置き、陛下と宰相が入ってくる。
 とっさに席を立ち礼節をとる。

「カイン待たせたな、うるさいやつがいての。なかなか出れなかったのじゃ」

「美味しい紅茶を出していただきましたので、楽しんでおりました」

 陛下がいつもの席に座り、隣に宰相が座る。

「まず、お主に渡す屋敷が決まったのだ。元々は子爵家が持っておったが脱税に横領、誘拐奴隷等犯罪のオンパレードだったから、取り潰しして全て没収した。今は王家が管理しておる。それをお主にやると決めようとしたらコルジーノのやつめ、反対してきて長引いたわい」

 またコルジーノ侯爵か。息子といい親といい困ったやつらだ。

「まぁ無理やり決めてきたが問題ない。この先通うことになる学校にも王城からも遠くないから便利じゃぞ。あとでマグナに地図をもらうといい。これで用事は済んだな。ではやるぞ」

 陛下はそう言いながらリバーシをテーブルに出してくる。

「エリックのやつがなかなか強くてな、発案者であるお主とやれば少しは強くなれるじゃろ?」

 陛下、どっぶりはまったな。
 順番にパチリ、パチリと打ち始める。

「あ、そこ置いたら角取られちゃいますよ。ほら」

「あっ!!!お主!!!王に向かって少しは容赦しろっ!」

「陛下、強くなるために経験したかったのでは?」

「むぅ。ではここじゃ!」

 王と五歳が真剣にリバーシをやっている。その姿を見ながらマグナ宰相はため息をついた。
 二時間ほどリバーシを打ったあと、次の面会があるからと言って陛下が出て行った。

「カイン殿、陛下がすまんな。これが屋敷の地図と鍵になる。執事のほうは今公募をだしているので決まったらそちらに教える。メイドは若手を数人王城から派遣しよう。家具類は前のやつで悪いがそのまま置いてあるから好きにしてくれ」

「マグナ宰相、ありがとうございます。執事やメイドが必要な広さなのですか」
 
「ガルム辺境伯の屋敷ほどは広くはないが、それなりの広さになる。貴族になると人を雇うことも大事だからな。金は使わないと経済は回らないぞ。まぁそのことを五歳に話しても仕方ないか。また陛下から相手をするように呼ばれると思う。その時はよろしく頼む」

「わかりましたマグナ宰相。屋敷のことありがとうございました」

 まだ時間が十分にあるので、馬車を断り王城を出て、一人で貴族街を歩く。もらった屋敷は貴族街より一般街に近いところにある。このエスフォート王都は中心に王城、貴族街があり、その周りを商業街、住宅街となっている。学校は貴族街と一般街の間にあり、どちらからでも通える

「ここか、思ったより広いな」

 目の前には百メートル四方の敷地で中央の奥に二階建ての洋館が建っている。
 建物は凹のような形になっており、真ん中に入口がある。
 庭を歩き扉の鍵を開けて中に入る。灯りがないので窓から差し込む太陽の光りだけだ。
 『光球ライトボール
 手から光の球が浮かび上がり、周りを明るくする。

「派手な装飾品は全て没収されているか、シンプルになっているからこっちのほうがいいな」

 建物は扉の正面が階段ホールとなっており、右側がダイニングとキッチンがあった。左側はパーティができるほどのホールと応接室などがあった。もちろん貴族の屋敷なので浴室もある。
 二階にあがると両側に部屋がいくつもあり、主寝室から客間まで確認できた。

「こんなでかい家を一人で切り盛りできるのかな。ちょっと掃除でもするか」

 魔力を練り建物全体を魔力で覆う。

建物清掃オールクリーン

 建物が一気に綺麗になっていく。壁の染みも絨毯の汚れを全て落ちた。

建物補修オールリペア

 建物の古くなった部分から全て新しくなっていく。
 建物がまったく新しい状態になった。

「これでいいかな。あとはまた新しくくる執事さんに相談すればいいか」

 部屋のあちこちを覗きながら、必要に応じて魔改造していく。自分の住む家だから問題ないはずだ。本格的に住み始めたら防犯システムもつけたいし。

 ある程度満足したら、外に出て鍵を閉めてガルム邸に戻る。

「お帰りなさいませ、カイン様」

「ただいま、今帰ったよ。そういえばシルビア、少し話があるんだけどいいかな」

「はい、大丈夫ですよ」

 シルビアがいつものように笑顔で答えてくれる。

「さっき、陛下からもらった屋敷を見てきたよ。ここの屋敷よりは小さいけど十分な広さがあった。マグナ宰相が執事や、メイドを手配してくれることになっているんだけど、できればシルビアにも僕の屋敷に来て欲しいかなって思って。もちろん父上に確認が必要だけどね」

 シルビアは涙目になりながら頷いている。

「もちろんカイン様についていきますよっ。カイン様のお世話は私の仕事ですから。連れて行ってくれなかったら、お暇をもらってカイン様のところに行くつもりでした」

 シルビアが胸を張って答える。うん。そこそこある。さすがに五歳じゃ欲情しないけど。

「夕飯の時にでも、父上に話しておくね。とりあえず疲れたから部屋で休むよ」

 そう言って、カインは部屋に戻っていった。


 ◇◇◇

 夕食の時間となり、皆で食事を食べる。

「カイン、今日陛下に呼ばれたのは何があったのだ?」

 ガルムが聞いてくる。

「拝領する屋敷が決まったので鍵をもらってきました。あとは陛下とリバーシの相手を。その後、時間がありましたので、いただいた屋敷を見てきました」

「……リバーシか、先日、わしも陛下の相手をさせられたぞ。エリック公爵が強すぎると言ってたな。いよいよカインも独り立ちか、執事やメイドはどうすると言っておった?」

「マグナ宰相が手配してくれるそうです。執事については公募になると言ってました」

「執事は大事だからな、留守の間守ってくれるのも執事の仕事だ」

「それで、父上お願いがあるのですが、シルビアですが今まで僕の専属メイドをしていたので、そのまま引き取りたいのですが」

「うむ。それは構わんぞ。カインが産まれた時から世話してもらってるからな。全員知らないより、一人でも知ってるのがいたほうがよいしな」

「父上、ありがとうございます」

「ガルム様、私からもお礼を言わせてください。カイン様が産まれた時から仕えさせていただきありがとうございます。これからもカイン様に一生懸命仕えさせていただきます」

 シルビアが頭を下げてお礼を言う。

「シルビアには三歳の時から文字などを教えてもらったから、今があるんです。こちらこそよろしくね」

 カインがシルビアに礼を言う。

「カインくん、行っちゃうのかー?寂しくなるね」

 父との会話を聞き、レイネが悲しんでいる。

「レイネ姉さま、ここから遠くない場所ですからいつでも会えますよ。引越しするときに屋敷も見せますよ」

「そうねっ!会いたくなったら会いにいくわ」



 そして一週間後に引越しすることになった。 
 

しおりを挟む