ご主人様と守護者達の異世界冒険譚

某○○県、冬。
寒さが身に染みる季節に一人の男性が車を走らせていた。
普段通り慣れているはずのトンネルを抜けようと進むも何故か脱け出せず、気づけば彼は未知の場所へと放り出された。
右も左も分からない状態で彼は生きるために活動を始める。
自らに宿る力を知らず、しかしてその力が世界を変えることになるなど知りもせぬまま……。

これは彼と、彼の(愉快な)守護者達が繰り広げる世界を巻き込んだ異世界冒険譚。


※この作品はややメンヘラというかヤンデレ的な要素が多めとなっています。
作者がはっちゃけ過ぎる要素も多々あります。
苦手に感じた方は画面を優しく撫でてお布団へダイブすることをお勧めします(*‘ω‘ *)
※応援とかコメントがあるとバカみたいに喜ぶよ!
べ、別に催促してる訳じゃないんだからね!
24h.ポイント 1,194pt
小説 1,002 位 / 185,957件 ファンタジー 211 位 / 41,624件