《第1幕》愛しのあの方と死に別れて一千年 ~今日も私は悪役令嬢を演じます~(第2幕完結)

※恋愛ダークファンタジー。流血表現・性的表現有りです。ご注意下さい。

▼あらすじ
 人間嫌いで有名な伯爵家令嬢アメリア・サウスウェルに縁談が申し込まれた。その相手は侯爵家嫡男のウィリアム・セシル。アメリアが千年前に死に別れた恋人の魂を持つ男である。

 アメリアは千年の記憶を持っていた。何度転生しても記憶が消えない。そしてアメリアは知っている。自分がかの恋人だった男に近付くと、その男は不幸になるのだということを。ウィリアムをどうにかして遠ざけなければ彼は死んでしまうのだということを。

 果たしてアメリアはこの運命のカルマから逃れることが出来るのか。二人が幸せになる未来は訪れるのか。これはそんな――辛い運命に翻弄されながらも懸命に生きる少女の物語。

***
第2幕はこちらより
https://www.alphapolis.co.jp/novel/383631704/309303996
24hポイント 28pt
小説 12,266 位 / 85,361件 恋愛 5,257 位 / 22,793件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!