溺愛されていた私は、婚約者の本性を知りました

 婚約者のロノス王子は、伯爵令嬢の私シルフを溺愛していることで有名だった。

 ある日――ライルと名乗るエルフの少年が、私の前に現れる。
 ライルはロノスが公爵令嬢のミーファが好きで、素質のある私を生贄に力を得て次期国王になろうとしていることを話す。
 
 信じられなくて調べた結果、私はロノスの本性を知る。
 そしてロノスは、生贄になる気がない私に婚約破棄を言い渡してきた。
24hポイント 85pt
小説 10,625 位 / 144,015件 恋愛 5,103 位 / 44,951件