僕の音

『無機質な人形』
高校一年の立花郁はプロのピアノ奏者の母と音楽制作会社を経営する父の間に生まれたことで、
母からの厳しいレッスンと思いプレッシャーの日々を送っていた。
毎回言われる「国際コンクールで優勝するのよ。」という自身の夢を押し付けられながら、
彼はロボットのようにただ淡々と何曲を弾かされていた。
ある日、隣に郁の二個上で以前彼が出たコンクールで優勝し、
今はバンドでギター兼ボーカルをしている土浦雄吾とその両親が引っ越してきて
郁の日々に変化が訪れた。
24hポイント 0pt
小説 144,443 位 / 144,443件 現代文学 6,357 位 / 6,357件