星屑のサイハテ

 この世界には、突如発生した数多の迷宮を攻略する者達が存在していた。そして、残る最後の迷宮は果てしないほど広く、深く、複雑に入り組んでおり、誰もその最果てを見るものは存在しなかった。
 そして、いつしかそこは「星屑の迷宮」と呼ばれるようになる。
 多くの者達が星屑の迷宮の攻略を目指す中、少年のアルゥも同じく「星屑のサイハテ」を見るために足を踏み入れるのであったがーー。
 
24hポイント 0pt
小説 101,457 位 / 101,457件 ファンタジー 27,275 位 / 27,275件