ネカマしてたら釣れた男に迫られています。

 毎日ネカマをして男を釣っては楽しんでいる根暗ニートの広瀬潤は、ある日自分を自分を男だと見抜いた男性とチャットをすることに。深月と名乗るその男性を陥れたくて、潤は深月と対面することを提案する。
 待ち合わせ場所に男の格好で出かけ、お目当ての女がいない深月を嘲笑ってやろうと思っていた潤は、あっさりと男の姿の潤と見抜かれてしまい、深月の術中にはまってしまう。
 これから潤に待ち受けている展開とは――
24hポイント 0pt
小説 87,472 位 / 87,472件 BL 8,455 位 / 8,455件